並木中等・日立一中付属・古河中等|適性検査対策用の塾は必要か

公立中高一貫対策用ノート 中学受験

適性検査は特殊と言われるが適性対策用の専門塾は必ずしも必要ないと思います。

 

大事なのは、そういう小手先の技よりもしっかりと基本を理解しているかということだと思いました。これは実際受検を終え、また合格して通い始めてから同級生たちを見渡してみての感想です。

 

ただ、もちろんうちの子の塾に通う前の実力と、塾に子供が通う前の私の情報量では合格はしなかったと思うので我が家には塾は必要なものでした。

 

古河中等は距離がありすぎるため、私は通っている子も対策用の塾も知りません。ただ、茨城県立中の問題は3校とも共通なうえ、難易度から言えば並木中等・日立一中よりは入りやすいようです。その点を踏まえて参考にしていただけるとありがたいです。
スポンサーリンク

適性検査対策用の塾に通った感想

うちの娘は小学校5年生の冬休みから公立中高一貫校専用の受検対策塾に通いだしました。

 

冬期講習、そしてそのまま本科生です。受検まで通してうちの子より後から入ってきた子はほんの数人でした。

 

クラスは30人弱。地元の公立小学校から通っている子たちがほとんでしたが、我が家の最寄には専門塾がなかったので、別の市まで通っていました。

 

 

自分の実力を認識できた

 

塾に入って一番良かったことはこれに尽きます。

 

「自分の実力は井の中の蛙」と本人が理解することができた。

 

おそらく並木中等や日立一中を受けようとする子たちは小学校ではそこそこ良い成績を取っているかと思います。そのため、親や子供本人が自分は合格する実力があると勘違いしてしまうことが多くあります。

 

我が家の場合、私自身は独身時代専業で塾講師をしていたり、今も小学生や中学生などに勉強を教えていたりして、軽々と水戸一校に合格する「本当にできる子」や、学校ではそこそこいい点数を取っていても本人が希望するほどの学校に入れない子などを目にしてきたので親は子供が「出来る子」という認識はありませんでした。

 

でも、娘はやっぱり勘違いしていたんですよね。

 

塾初日、ぐったりして塾を出てきた娘が最初に言った一言は、「みんなすごいわ。私どころか〇〇や〇〇(小学校でトップの子たちの名)よりみんな頭がいいの・・・」でした。

 

自分はできる子じゃなかったとショックを受けた瞬間です。それと同時に、必死に勉強をし始めた瞬間でもありました。

 

娘はこの時以来、入試が終わるまで大好きだったテレビ(塾から勧められた池上彰のニュース番組以外)を観ることも、本を読むこともありませんでした。

 

我が家の場合、公立中高一貫校を受けたいと言い出したのは娘本人です。それまでは私は地元の公立中に進んで高校受験をさせたいと思っていました。

そのため、この「出来ない子ショック」は大事な事だったと思います。また、そういうショックを受けても立ち直りやすい(良い方向に転ぶ)タイプの子です。

ただ、そんな子ばかりではありません。このショックは子供全員に必要なわけではないのです。

そのまま自分に自信が無くなってしまってヤケを起こしてしまう子もいるし、今はそこまで出来ていなくても地元の小学校・中学校と上位にいることで自信をつけどんどん伸びていく子もいます。

親は子供の性質を見極めて中学受験や中学受験塾を選択しましょうね。

 

受検の情報が手に入った

 

うちの小学校からは男女合わせて毎年0~2名の子しか県立中学校に行くことはなく、また知り合いに通っているお子さんもいませんでした。

 

そのため、志望校の面接試験の傾向や答案用紙へ答えを書く時のポイントや受験日当日の注意点など気をつけるとよいことなどを塾から色々教えてもらえたのはとてもありがたかったです。

 

塾の先生たちは過去に合格していった子たちをたくさん知っていますし、またその子たちが中学生になってからも塾に通っていたりします。

 

全国の類似過去問のピックアップをしてくれた

 

塾では11月ごろになると本格的に過去問を解き始めます。

この時、茨城県はまだ公立中高一貫校ができて10年弱だったため、過去問の傾向がしっかり固まった問題は6~7年分しかありませんでした。

 

過去問はできるだけたくさん解く方がいいので、6回分とかだとすごく少ないんですよね。

 

そのため塾で全国の公立中受検問題から茨城県と傾向の似ている問題を選んで教えてもらうことができました。また、〇〇県はわりと傾向が似ているなどの情報も子供たちに教えてくれました。

 

これはとても助かりましたね。

 

もちろん宿題や授業でそれらの過去問を解かせると解答の書き方や採点基準などのアドバイスもあるようですが、これは市販されている問題集でも十分だと思います。

 

むしろ、要点が絞られて説明がこまかくあるので問題集の方が時間と能力の足りない娘の受検勉強には良かったかもしれません。

 

過去問は「銀本」など色々出ていますが、おすすめなのは東京学参さんから出ているこの赤本です。

県立日立第一高等学校附属中学校・並木・古河中等教育学校 平成31年度用 【過去10年分収録】 (中学別入試問題シリーズJ9)

 

銀本や他の過去問題集に比べて、解説がしっかり書かれていました。この過去問の解説を読んでもよくわからないときは、またその単元の基礎に戻って勉強したりしました。

 

 

結局適性検査専門塾は必要なの?

 

ここまで書いて塾はすごく大事なもののように感じさせてしまったかもしれませんが、私はそうは思っていません。

 

どうしても不安な場合は、適性検査専門の塾は最後の最後、過去問をこなす頃に得意としている塾の個別でじっくり見てもらった方がいいかもしれません。また、適性1にある規則性の問題に不安がある場合は、規則性だけを簡単なところから少し早めに見てもらっておくという手もあります。

 

それよりも、その過去問を解き始める秋までにしっかりとそれぞれの科目を勉強しておくことが大事です。

 

ちょっと長くなってきてしまったので、適性検査専門塾に通う弊害も次に書いていきたいと思います。

 

適性検査対策用の塾は必要か(2)

 

 

公立中高一貫校の受検ブログ目次

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました